肌やカラダのトラブルは、健康食品や活性酸素で解決

人体に及ぼす影響

活性酸素が発生する原因とは

サプリメント達

「活性酸素」というものがなんとなく体に悪いという事は知っている方も多いと思います。しかしすべてが体に悪いものではありません。バイ菌や細菌から細胞をガードする役割もあります。しかし必要以上に体内に溜まるといろいろな悪影響を及ぼします。ではそもそも活性酸素とはどのように体内に発生するのでしょうか。人は取り入れた栄養素を分解しエネルギーに変えて生きています。この働きの副産物として活性酸素はできてしまいます。それに加えてストレス、喫煙、過度な飲酒、紫外線などでも作られてしまうのです。 不規則な生活をしているとどんどん溜まっていってしまいます。普段からバランスの良い食生活、規則正しい生活をするだけでも活性酸素の発生は抑えることができるのです。

健康面と美容面に与える悪影響

実際に活性酸素が体に溜まるとどのような影響があるのでしょうか。 活性酸素は体の細胞や組織を酸化(サビ)させて機能を衰えさせてしまいます。 まず活性酸素はさまざまな病気の原因になっていると考えられています。体の免疫力を弱めるため風邪やインフルエンザになりやすくなったり、血液の流れを悪くし、代謝を悪くするため、ガン、糖尿病、心筋梗塞などを起こすなど、ほとんどの病気の原因が活性酸素といってもいいほどです。 また美容面でもさまざまな悪影響を及ぼします。 肌トラブルと聞いてまず思い浮かぶのが紫外線の影響でしょう。紫外線をあびるとシミができやすくなったり、ハリが失われしわが増えます。しかしそれは紫外線そのものが起こしているものではなく、紫外線によって増えた体内の活性酸素が原因なのです。 活性酸素を増やさない生活が健康面でも美容面でも大切といえます。